Undine

憎んだり愛したり忙しい

夢日記

ネコに卵をかけてチンして食べる夢を見た。とてもじゃないが不味くってダメだった。私はネコのしなやかな動きが好きだった、ネコが好きだったのに、気持ち悪い。


いつでも消極的選択をしてきた。総合職は体力的に厳しいから一般職。そんな感じで。そうしたら体力を削り取られる部署にきた。逃げた報いなのだろうか。
お遊びみたいな4月を終えて、地獄の繁忙期をむかえる。自分が今何をしているのかわからなくなるくらいの。
仕事が終わらない絶望感を、私は独り涙をおとしながら噛みしめる。
短いスパンで、1年にこれを7度繰り返す。7度もこんな思いをしないといけないのだろうか。先輩は引き継ぎもせず私の前を去る。全くわけがわかっていないのに、他の人よりたくさんの仕事を押しつけ、られた。仕方がない、仕方がないんだ、だって私は若手なんだから。みんなだって忙しいし、何より年嵩で、それぞれの家庭がある。ああでもわたしは。そうやって憔悴してゆく。

先輩がおこした重大なミスを、私はうっかり発見してしまった。気づかなければよかったのに、上司は始末書を書き事務フローは変更になった。マニュアルに沿って仕事をして、やり過ごすつもりでいたのに、マニュアルも使い物にならなくなった。目的や意図がわかってさえいれば、マニュアルの手順なんてどうでもよいのかもしれないが、私は目的や意図なんてわかっちゃいない。不幸なことに、私が今度ミスをすれば間違いなく上司は追及を免れない。どうしてこんなことになったのだろう。誰のせいでもない、仕方がないんだと思っても、誰も恨めないのもまた苦しい。頭がいたい。仕事に行きたくない。仕方がないんだろうか。仕方がないなら許されるのだろうか。私が苦しいのも仕方がないなら、私が休むのも認めてくれるんだろうか。