Undine

憎んだり愛したり忙しい

永遠に青にゆらぎ

10代に共感する20代のことを、10代の私は嘘つきだと思っていた。単純な人間と侮られている、なめられている、そんなに簡単に私をわかられてたまるかと思っていた。
だっていうのに20代になった私といったら、なんの進歩もなく。落ち着きもなく、分別もなく配慮もなく。大凡おとなに必要と思しきものを手にできないまま、干支をうっかり二周した。

そんなだから、迂闊に10代に共感をしてしまう。わかる、ねえわかるよと簡単に言いそうになる。気持ちの悪いおとな。だって本当に、今の私の悩みは単純で、幼稚。聡い子どもに責められてしまいそう。おとなとしてはずかしくないの?って、多分言われてしまう。

10代の私は、きっと、いたく期待をしていた。
大人からみたら、子どもの言うことなんて取るに足らない羽虫のさざめき。全知全能のおとなは、人を無用に傷つけないものだ。おとな相手はもちろん、無力なこどものことなんて、傷つけようなんて夢にも思わぬはずだ。
蓋を開けてみたら20代なんてまだ全然未熟だった。気づけば私も、あの日の過ちも許して頂戴と言って、人前で手を合わせる20代の女。

さいきん私は、簡単にわかられてしまう。そこだけなんだか大人みたい。
わかろうともしてくれなかった人々を、私は恨みもしないし憎みもしない。彼らを拒絶したのは私の勝手であるし、こちらからはわからせたいと露ほども思わなかったのだから。
ただ一言、わからないこと・許せないことを無理にわかろうと・許そうとしなくていいよと言われた時は、私の求める人間が最早崇高すぎたのだと思った。

きっともうすこしだけ、人との生活は楽しいものなのかもしれないと思った。