Undine

憎んだり愛したり忙しい

星のめぐりの話

占いは意外と信じるタイプで、指針を立てるためによく読むのですが、どうやらこれより復調の時期のようです。2017年9月はド最低という感じのようで……。でも、これが最低というのなら、最低って口ほどにもないなと思いました。思春期の時とちがって、死にたくならなかったし。

でも、きっともしかしたら私に関わった人たちのほうが悲しい思いをしたかもしれないので、そのことに対する罪悪感は数年かけて少しずつ飲みくだしてゆきたいと思います。

相手にとって悪いことをしたら謝るのがルールだと思っていましたが、もうこの歳になってしまうと謝らないことで昇華されるものもあると思っています。とうぜん、一部の例外的な話ですが。

謝る以上許されたいという我欲があるのだと思いますし、深手を負った人間を自分本位のぐずついた清算に付き合わせるのも難だと考えてしまいます。
わだかまりはわだかまりとして、悲しみは悲しみとして、怒りは怒りとして、軽蔑は軽蔑として。
混ぜ物もせず、余計な手を加えず、溶かさず結晶化させたほうが、胸の中ではずっと綺麗なような感じがします。許されたいと願わないなら、相手に見せる必要もありません。全部ぜんぶ、胸にしまっておこうと思います。大切で痛い記憶として、時々こっそりひとりで覗いてみたいです。

こんなですが真っ当にやってこられたのはひとえに周りに恵まれているんだと思います。みなさんおやさしいのが大きな救いです。来年度も何卒宜しゅう。