Undine

憎んだり愛したり忙しい

なんだってどうしてこういうことになったの。私はあのなーんとも思っていなかった友人のことが、さいきん、2つの出来事のせいで心に刺さったまま抜けなくなってしまっている。

参考:友人とは
http://suicide-motel.hatenablog.com/entry/2017/01/22/192938
このひと!

①昨夏

遡ること8ヶ月前、私は憧れだったあの人a.k.a.飼い主と別れた。ペットのように甘やかされ、可愛がられていたことが原因で、生活サイクルやら思考やら、積極性というか主体性までもがぐじゃぐじゃに潰されてしまったので、お別れすることになった。

ペットは餌しか食べられないもの。
野にあるものは食べられない。

最後は我ながらちょっと驚くくらいに痩せ細り、反省会と称したかの友人との新橋飲みにはアイドル顔負けの細い二の腕をしなしなと振り現れた。(自分で言うことではないわね…)

その日は別れてから1週間しか経っていなかった。
というのも、別れてから3日め、ぼろぼろになりながらSOSのメッセージを彼に伝えたら、もうその週の木曜日に会うことになったからだった。他に誰に助けを求めたらいいのか、わからなかった。

憔悴しきっていた私だったけれど、友人に叱られに来たようなもので。
だからこそ、会うまでにはもうしっかりと涙は拭いて、上むいてまたティッシュで瞳に乗っかる涙を吸ってから、新橋駅におりたつ。
彼に泣き顔なんて見られたら、バカにされるに決まってる。

でも、そんな予想は裏切られてしまった。

「怒らんよ。お前悪ないし」

はっきり言って拍子抜けした。いつになく落ち着き払った声色で言われたその言葉に、なぜか変に心がざわついて、私はよれによれた、本当によれよれの声で「優しいじゃないですか」と絞り出した。
そしてへなへなになりながら、ありがとう、と言った。

「白いし細うなったな。綺麗になったんやから、次がんばり」
「……もとから可愛いもん」
「はあ。綺麗になったとは言うたけど、お前別に言うほど美人やないで?世の中を知らなさすぎ」

そんなやりとりが、変に泣けてしまった。
人肌恋しくて、彼をベタベタと触る私の手を、彼はさっと掴んで引いて改札口に押し込む。

「じゃ、気いつけてな〜ライブでもあったらいこ」
「はーい、さよなら」

僕かて我慢してるよ、僧侶やないけど煩悩は理性で押さえ込んでる。その晩届いたLINEにはそうあった。

「むむむ、触っちゃってごめんなさい。私も淑女になるねー!」
そんなヘラヘラと返事をして、その晩は床に就いた。いつになく安らかな眠りだった。
10月にランチ、12月にライブ。年内はそんな感じ。彼は合コンも失敗続き。あーあ、かわいそうにね。


②先週の木曜

Instagramをやめて1週間ほど。キラキラ写真カードバトルから解放されて、私は快適な気分で日々を過ごしていた。
次やるとしたら、趣味が合う人のアカウント以外みたくないな。そんなことを考えていたら、彼から突然ラインが来た。

「5ヶ月ぶり。中々姿見んなぁと思ったらインスタ引退してたんか」

訊かなくてもわかることをあえて訊いてくるのが、彼なりのコミュニケーションの取り方で、優しさだ。
私も、決まりきった返事をして、彼とお酒を飲むことにした。

今回は私の失恋なんていうトピックもない。
性格を磨きたいという話。去年末に一緒に行ったライブの話やお互い好きな音楽の話。知人の結婚式の話。男をフったらブロックされた話やら、とりとめのない世間話をしながら、飲みの時間は穏やかに過ぎた。

ああ楽しいなあ、男友達いないから、この人の意見参考になるなあ、なんて思って。
帰って携帯を見るまではそうだった。

お礼がてらラインをすると、彼からこんな返信が来た。
「ま、元気で良かった。最悪死んでるかと思った、メンタル」

え、なにそれ、と思った。
今までにない違和感があった。楽しくてふわふわと浮き立っていた心が、なんらかの力を持って、突然どこかの壁に打ち付けられた気がした。

Instagramをやめたからって死んでるわけないじゃないの。むしろ健やかに過ごしているくらいなのに。
もちろん、彼氏と別れたからって死ぬ私でもない。彼氏と喧嘩したからって死ぬ私じゃない。

日々、さめざめ泣いたりしながらも、ここに日記を書いてみたり、庭園に出かけて綺麗な花を見つけてみたり、お店で美味しいお茶を飲んでみたり、ピアスを作ったりして、意外としなやかに生きている。

彼はきっと、そういう私のあっけらかんとした強かさや女のずるさみたいなところをまったく知らない。
私のことを少女扱いする彼からしたら、少女の私は真っ向から全てに傷ついていると思っているのだ。
彼は私が思う以上に私のことを、弱いと思っているみたいだった。

そう知ったらなんだか途端に、彼が無垢で、とてつもなくまっすぐで、優しい人間に思えてしまった。
今までは説教したがり上から目線のアラサーに思えていたのに、だ。

「うふふ、心配してくれてありがとうね」
「えっキモい なんやそれ!生まれ変わりすぎやろ」

生まれ変わりすぎ?なんとなく不安になって過去のやりとりを遡る。私お礼も言えない人だったっけ…?

しかしながら、過去の私はことあるごとにかまされる耳の痛い説教に、ぐちぐちと反論をしてみたり、泣き言を言ってみたり、しおらしく謝ってみたりしていた。

過去の彼は、ことあるごとに泣いてしまう私を、宥めるでもなく甘やかすでもなく、ただ話すがままに話させていた。今日はちゃんと寝ろ、とか言いながら。

日記を振り返ってみれば、もう先述のとおりだ。「彼氏の前では泣きたくないけど、あの友人の前だったら泣ける」だなんて、あんまりにもひどい女だ……なんだこれなんだこれなんだこれ。でも本当だった。彼の前なら、安心しきってしま…ああ。ひどい、あんまりにもひどい……もう、言葉が浮かばない…謝りたい……。

こんな感想を抱くくらいには、すっかりまともに生まれ変わってしまったみたいだった。
だから、見えてるものすら変わってしまった。こんな私が恩を受けるばかりの関係で、彼はいったい私のなんなのだろう。年の離れた妹とかだと思われてるのだろうか。

妹かあ。そうやってずきずきと痛む胸のうちは、彼にだけは見せずにしまっておかなければならない。